フォト

大サービス¥

無料ブログはココログ

検索フレーズランキング

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

« 「詩人Kとの対話」第一回収録分Re-up!!!!! | トップページ | 四月馬鹿報告のつもりが.. »

2010.03.22

「四月馬鹿2010」に向けいよいよ準備始動!!

やっと春らしい天気になってきた

おかげで町行く人の顔も晴れやかで、
いつも笑われっぱなしのアタクシに向くまなざしもどこか優しげだ。

ふと、イソップの童話にある北風と太陽のはなしを思い出した。

外套をまとった男から、どちらが先に外套を脱がすことができるか
競い合うはなし。
北風は自信満々にオレのほうが先だと譲らなかったのだけど、
太陽は笑いながらじゃあやってみますかって感じで余裕の表情。

まず一番手に北風。自慢の大きな口でびゅうびゅう風を吹かしまくり
外套を飛ばそうと躍起になる。でも風が強まれば強まるほど
男は外套を強く握り締め放そうとしない。結局、北風の根負け。

次に二番手の太陽。太陽は何もしないのだけど、ただただ
明るく笑顔を振りまいてる。外套を握り締めていた男だったけど、
そのうちカラダが暑くなってきて「いやぁお日様には敵わないなぁ」
とかいって自分から外套を脱いだ。で、太陽の勝ち というはなし。

別に太陽が笑顔って誰が決めたことでもないんだろうけど、
たしかに日が照ってるとみんな表情が明るくなるし、
笑顔といわれてもまったく違和感がない。

灼熱地獄ほど暑い国へ行けばまた様子はちがってくるのか。
でも性格が明るくなるかどうかだけの比較でいえば、
統計的にも暖かい国の人のほうが明るいし、
輝く太陽に悪いイメージをもつ人はあんまりいないんじゃないか。


 ・

さて、もうすぐ四月である。

四月といえばアタクシの恒例行事となりつつある『四月馬鹿』

そうです。今年もやります。嘘つきだから神の啓示だから

毎年いってるかもしれんけど、改めて確認です。
これは国、あるいはもっと大きな括りでいえばリアル
その情勢を体感するための「視察」行為です。

アタクシ別にこれといって反政治的分子ではないけど反社会的文士ではある。
その運動がカンタンに取り締まられるようなら
これは国の情勢に大きな問題ありだということ。

以前に小林多喜二のドキュメント番組を観たけど
あんな小説書いたくらいで拷問死させられる世が本当にあったとは
今の若い日本人には到底信じられんだろう。

しかし、それが常識の怖さというもの。
当時の日本国にとってはそれが正義だった。

転じて今の日本国はどうか。
たしかに多少過激な内容の小説書いたくらいで検閲はないだろうけど、
そのいっぽうで国民大衆の常識という目が光り、
互いに互いを監視し合いながら、いじめや告訴、報道的嫌がらせなどで
あまり過激なことをやろうとすると間違いなく干されてしまう。

無論、品性のないエログロ路線の過激については
規制も当然だし、罪は罪として罰せられて当然でありましょう。

がしかしすべての過激さ、
たとえばパロディーや諧謔などそれらすべてを規制の対象にするともなれば
やはりアタクシは抗わざるを得んのです。

奇しくも
人の世には「エイプリルフール(四月馬鹿)」という
とても間抜けな記念日があります。

年中嘘つきのアタクシもこの時ばかりは晴れの日以上に持て囃され、
最終的には「ありがとう」とまで感謝される始末。

嘘が悪いとされるのはいまの常識だけど、
その常識がまた覆される日も近いのではないかと、逆に心配になるほどw

基本、嘘はいけないことというのがアタクシの本懐なのですが、
と同時に切り札であり、最終兵器でもあるとも考える。

使っていいのだが、使い方にはモラルも必要ということ。
つまり諺でいうところの【嘘も方便】
アタクシはこれを頑なに信じ今の今まで嘘を貫通してきた。

わかってるつもりです。
嘘は平安前期に「空言(そらごと)」とも云われていたようにすべてが虚。
けれども虚の上に実を織り交ぜることにより多様な表情をみせてくれる。
意味を盛込んだ嘘、これが攪拌、呪術の素となるのです。

えーではいよいよ次回

2010年の四月馬鹿計画の全容をお伝えいたします!

にほんブログ村 芸能ブログ 素人・プチ芸能人へ にほんブログ村 哲学・思想ブログ ブラックユーモアへ

« 「詩人Kとの対話」第一回収録分Re-up!!!!! | トップページ | 四月馬鹿報告のつもりが.. »

おすすめサイト」カテゴリの記事

ウォークマン」カテゴリの記事

オートフィクション」カテゴリの記事

クールビズ」カテゴリの記事

スポーツ」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

ピン急告知」カテゴリの記事

マイブーム」カテゴリの記事

司会芸」カテゴリの記事

孤芝居」カテゴリの記事

日本人気質」カテゴリの記事

殴られ屋」カテゴリの記事

鑑定」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1298980/33889646

この記事へのトラックバック一覧です: 「四月馬鹿2010」に向けいよいよ準備始動!!:

« 「詩人Kとの対話」第一回収録分Re-up!!!!! | トップページ | 四月馬鹿報告のつもりが.. »