フォト

大サービス¥

無料ブログはココログ

検索フレーズランキング

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

« 定規パンク | トップページ | ■ 黄色詩人の悲劇 »

2010.10.24

【正しいタバコの吐き方】

タバコの税金がさらにまた値上がりしましたね。
この調子だと昔の高級バナナのような贅沢品に成り上がって?しまうんじゃないでしょうか。

タバコ狩りだ!」とかいって
こうしたマイナー人間を食いつぶすやり方に猛反発してる人もいますけど
この不況下、自分に害が及ばないところから税収取れると考える嫌煙派の人たちに
打ち勝つのはなかなか大変でしょう。もはや国全体がヘルス志向ですから。

最近 舘ひろしさんが
「タバコを吸っている男がかっこいいという時代がありました」と、
あたかも自分は時代に翻弄されてた犠牲者みたく居直ってるCMありますけど

たしかに「あぶない刑事」とか今見直すと
ほんとうに意味なくタバコくわえてたり、仕舞いには
そこいら辺投げ捨てたりと、不良子どもに悪影響与えそうな
あぶないカッコつけぶりが至る所で見て取れますね。

ほんとにほんと 何だったんでしょう あのイケイケゴーマンぶりは。

これは何も舘さんだけにかぎったことじゃない。みんなそうでした。

昔流行語大賞にもノミネートされたビートたけしのセリフに
「赤信号 みんなで渡れば怖くない」ってのがありましたけど、
まさにバブル絶頂期の日本はそれを絵に描いたような有頂天ぶりでしたね。
(「有頂天」と書いてナゴム時代のケラを思い出しました。あの人確信犯だったのかな?)

アタクシのように不安に感じてる人も数多くいたんでしょうが
日本人は空気に呑まれやすい民族だから誰も止められなかったんでしょうね。
止められないなら、その場に踊ってるアホと大して変わんないわけだし
同じアホ(と思われるくらい)なら踊らにゃそんそん、とばかり涙目に哀しく踊っていたんでしょうきっと。

ま、そんな過去の遺恨はさておき 問題はいま ですよね。

ひとつ こうしてタバコの害に気づいたことは人類の偉大な小さな一歩かもしれない。
とはいえ今の今までの歴史を振り返ってみればお分かりのように
永劫回帰 歴史は繰り返すものですからまた元の鞘に戻ってしまうことも
十分考えられるので、これを一概に進歩だシンポと褒め称えてしまうのも
人間進歩しねーなーとも思うのですが‥

健康に悪いのはまァ 至極当然として
それでも吸うか吸わないかってのがタバコを考えるうえで
重要なポイントになるかと思います。

「健康に悪い?んなこたわかってる。
 それでもオレはタバコが吸いたいんだァ!!」

つー幼稚くさいわがままな心の叫びですもんね、吸う人の理由のほとんどは。

周囲の人間に迷惑をかける、それを知りつつもオレはタバコを吸う。
それのどこが悪い?!

て悪いんですが、いかにも人間くさくてアタクシは好きな言い草です。
個人的にはタバコを吸う人間が好きなのです。
どうしても憎みきれないろくでなし~♪ なんですよ。

となると彼らと付き合うためには
どうしてもタバコの煙を被る犠牲を払わなくちゃならない。

それが嫌でタバコを吸うというだけで、人付き合いをやめてしまう人も
いるみたいですが、アタクシはむしろ逆だ。

なぜなら
吸うようなダメ人間ほど魅力的かつ面白い人間が多いから。

勿体ないじゃないですか、タバコを吸う吸わないだけで人間差別するなんて。

 ・

え?タバコ? アタクシですか?

まァ 吸いますけど 吸いたいときにだけ吸います

てか 肺に吸い込みたくないから 吐くために吸うとでもいいましょうか

つまり タバコを吸う人の前では タバコを吸うんです。

これはコミュニケーション術のひとつといえましょう。
ミラーリング効果」ですよ。同じポーズをとれば心もグッと近くなれる。

いや、もちろんカッコつける意味合いも多分にあります。

舘さんはああいうけど、やっぱりタバコはカッコいいもの。
カッコつけたい気分のときはこうしてタバコを吸う。

http://picasaweb.google.co.jp/p.todoroki/vVXhoG#5442817751485501314

ね?

あ。 吸うといってもあくまで「ふかし」
ほんとうに肺の奥まで吸い込んでしまっては健康を害しますからね。

つまりわかりやすく図で説明するとこんな感じ。

Tabakotabako

どうです? これでタバコを吸う人らの気分を害することなく
自分も伏流煙で肺を傷めることを多少は防げる!!

ま、これも考え方ですけど
他人のタバコで肺がんなったりしたら
ムチャクチャ悔しいじゃないスか!!

どうせなるなら自分で吸ったタバコのほうがマシ。
ってんでタバコを吸う人の前では自分もタバコを吸うことに決めたってわけ。

つまり切腹と同じ理屈ですよ。
他人から痛くされるよりかは自分から痛がるほうがナンボかマシという考え方。

また「目には目を」的な、平等を図る意味での苦肉の応戦策でもある。

タバコを吹きかけられたら、吹きかけかえしてやるんです。

人ってのはどうしても自分で経験しないことには、
相手の痛みは理解できん生き物ですからね。
なるべく、やられたことはやってあげることにしてます。

いや、相手にやられた以上、過剰に返すと
イラク戦争のように、戦争勃発するのは目に見えてますから
なるべく控えめに、皮肉ゴメンで済む程度にしてますが、
ごくまれにそれでもボコられることもあります。吹きすぎに注意しましょう

はい。いかがだったでしょうか。
まるでタバコを吸う側の意見とは思えなかったでしょうが、
これでもほんとうタバコは時折吸います。
要はニコチン中毒にさえならなきゃ両側の気持ち味わえるんじゃないでしょうか。
吸う人には吸わない人の気持ち、吸わない人には吸う人の気持ち、
なってみないことには絶対折り合えないと思います。
とにかくタバコにかぎらずですが、マイナー頑張れとしかいえません。
アタクシと立場は一緒で、後ろ指差されながらもってやつです。
自業自得せっかく吸うんだから弱い立場を楽しまないと。

嗜みあるのみ!!

にほんブログ村 芸能ブログ 素人・プチ芸能人へ にほんブログ村 哲学・思想ブログ ブラックユーモアへ ブログランキング ノンセクション

« 定規パンク | トップページ | ■ 黄色詩人の悲劇 »

ギャンブル」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

ファッション・アクセサリ」カテゴリの記事

住まい・インテリア」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメディ騒動」カテゴリの記事

クールビズ」カテゴリの記事

殴られ屋」カテゴリの記事

閑話」カテゴリの記事

オートフィクション」カテゴリの記事

お笑え!」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【正しいタバコの吐き方】:

« 定規パンク | トップページ | ■ 黄色詩人の悲劇 »