フォト

大サービス¥

無料ブログはココログ

検索フレーズランキング

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

« 生だらです | トップページ | 超最新「新型うつ」ver1.5 »

2010.11.09

尖閣ビデオ流出事件について

や、無人sengoku 38 さん
とうとうやってくれちゃいましたね

だから見云わんこっちゃ無
ネットは全世界全方向的にグローバル化を招いたんだって

今さら機密漏れとか個人テロとかいわれても
眉間のしわひとつ動きゃしない

いつかこうなるのは目にみえてたし

大衆が関心寄せているスクープを
いくら上からの圧力で隠そうとしても
デジタル化クラウド化とかしてると ぜったい暴かれる

プログラミング技術に長けたハッカーはいくらでもいるもの

マスコミは高く買ってくれるし、
個人の正義感で晒そうと思えば
いまの時代ネット環境さえ整っていれば
好きなとき誰でも世界じゅうに公表できるからね

一時期「世界と一瞬でつながれる」ことを高らかに謳って
ネットサービスは一般家庭まで加速的に増えたけど

もうここまで来ると
良いことばかりじゃないって みんな感じてるでしょうね

「文明の利器」というコトバが最近使われなくなったとの愚痴が
新聞載ってましたが、まさしくそれはネットにもいえて
「便利すぎる不便」もたくさん見えてきたから
もはや文明の利器とは誰も呼べなくなったんだな
 
 ・

で、今回の事件
良いことか悪いことかの議論は棚上げしてアタクシなりに思うことだけ書く

ひとつは
妙な中国側の愛国心に煽られるかたちで
単純に日本愛国心を振りかざそうとする右翼人間にはなりなさんな という忠告

これを機に おそらく右翼側の連中は世論を味方につけるべく
さかんに中国バッシングを煽り出すにちがいない

大衆意見に流されやすいのが日本人のわるいクセだ
この勢いだと一気に中国攻撃に火がつくかもしれない

できれば冷静な自分判断の目をもち、
炎上まつりに便乗して政治とは無関係に
憂さ晴らし目的だけで騒ぐ衆愚にだけはならぬよう

それでは60年安保全共闘運動の二の舞になりかねない

日本国に対するそこまでの忠誠心
日本国を守るためという名目で敵をつくり倒すといった軍国主義の考え方は
われわれになかったはずだ 

敗戦を帰しあれだけ反省に反省を重ねた国なのだから
よっぽどのことがないかぎり“喧嘩をかう”ようなヘマはしないと思うけど

「不況」「連帯性」という
不安材料はちょうど今の時期そろってるから 油断はならない

当時日本が戦争を起したのは今と同じ「不況」が原因だし
「連帯性」というのは、昔と今とじゃ少し事情が変わってきてるから
安心と考える人もいるだろうけど

たしかにネットが流通したおかげで情報不足による「盲目」的な洗脳は逃れることが
できるようになったとは思うけど、
逆にネットを使い、上記のような情報戦略、洗脳がカンタンにできてしまうのではないか

それがアタクシみたく一個人の叛旗なら問題ないはずだが、
それが連帯に連帯を重ね、「世論」という大きなうねりとなった時

われわれ日本人はカンタンに流されるのではないか

 ・

ふたつは
サイバーテロの脅威

はたして今回の事件が
公正に正義といえるのかどうかはさておき
公表した人間は少なからず「自分正義」を信じたはず

ネットが流通する以前は
マスメディアを通すことでしか公表できなかったので
その障壁であきらめる人間も少なからずいただろうけど

今じゃ誰でもポータルサイトにアップロードさえすれば
スクープならスグにでも注目してもらえる
しかも元データが削除されても、国民の関心をかえば
いくらでもコピーが出回るという始末

考えてみるとこれはとても恐ろしいことです

国家間だけでなく個人間にまで
監視の目が一様に張り巡らされてるってことだし
これまで以上に空気を読む人間が増えてしまう

そりゃブログの女王真鍋氏も書かなくなって当然でしょう

親や彼氏、奥さんにブログを見られたくないだの
でも不特定多数の人に見てもらいたいだの

もうここまでくると
嘘を書かないと誠実さを謳った時点で嘘つきになる
秘密がつくりにくくなった分どこをどう嘘でごまかすかが
ブログを書くうえで非常に重要になってくるから

 ・

このふたつの問題を通じてみえてくるのは
「つながる」ことへの不信感

つながるが故の「洗脳」だし
つながるが故の「監視」「機密漏れ」

だけども
そこまでして われわれはつながりたいんだな

それは「孤独」だから

一人でいようと二人でいようと集団でいようと
「孤独」からは誰も逃れられない

しかし ここ最近断捨離なるコトバが
流行りだしたところをみると
意外に反対派も増えてるのかもしれないね

とはアタクシなりの洗脳かもしれぬので
各々注意されたし v

未来は無責任につくられる

嗚呼 留まることを知らぬグローバル化の波
行き着く果ては 闇か光か

はたまたいづれ高波となって打ち返されるのだろうか





関連愚痴)
【 尖閣問題と中国バブルについて 】
http://p-todoroki.cocolog-nifty.com/blog/2010/09/post-0500.html

【 上海万博について 】
http://p-todoroki.cocolog-nifty.com/blog/2010/11/post-61e3.html

にほんブログ村 芸能ブログ 素人・プチ芸能人へ にほんブログ村 哲学・思想ブログ ブラックユーモアへ ブログランキング ブログランキング ノンセクション ブログランキング【くつろぐ】

« 生だらです | トップページ | 超最新「新型うつ」ver1.5 »

リアルホラー」カテゴリの記事

日本人気質」カテゴリの記事

殴られ屋」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

自我自論」カテゴリの記事

鑑定」カテゴリの記事

閑話」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1298980/37595393

この記事へのトラックバック一覧です: 尖閣ビデオ流出事件について:

« 生だらです | トップページ | 超最新「新型うつ」ver1.5 »