フォト

大サービス¥

無料ブログはココログ

検索フレーズランキング

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

« 大切な夢と下らない日常のお話し。 | トップページ | ■ テレビを消しなさい »

2014.06.02

人情ドラマ「若旦那の水汲み」

生命活動維持のため
某スーパーへ毎月水を汲みに行くのだけど、
タイミングが近いのか
そこでよく鉢合わせする若旦那がいる。

若旦那はいつも妊婦さんと子どもをつれていて
目と手がはなせないせいか
水のタンクは若旦那が担当のようだ。

一本10L入りのボトルを両手に二本、
手がちぎれんばかりパンパンに張っていて
鼻から吐息がヒ~ヒ~ハ~ハ~
首筋に滲んだ血管は切れそうである。

出くわした当初は目がくぼんで隈ができて
まるで生気のない顔つきで
「こいつ大丈夫かいな?」と
周りが心配になるほどヒョロヒョロの棒みたいな
カラダつきだったのだけど、

それがひと月ふた月も経れば面白いほど
みるみる精悍な顔つきカラダつきになっていく。

若旦那はそんな自分を誇らしく思うのか
たまに子どもに腕の筋肉をさわらせたり
胸の筋肉をピクピクさせて奥方をキモがらせたりしていた。

日焼けもして、あるときふと彼の腕にタオ模様のタトゥーが刻まれてるのを目撃し
「そこまで!!」と衝撃走ったりもした。

このようにアタクシはその成長ぶりをずっと影から見守りつづけた。

 ・

あれから約半年が過ぎた。
しばらく見ないなと思ってたちょうどその矢先、久々に彼と遭遇。

なんと またむかしの若旦那を彷彿とさせる
痩せ痩せのガリガリな態であった。

何事が生じたのかは自分で邪推するほかない。

ただ、ひとつ客観的にいえることは
腕のタトゥーが消え、
若旦那の隣にいるはずの妊婦と子どもが
そのときいなかった



若旦那がまた急に老けた気がした2011年夏の思い出。。





にほんブログ村 芸能ブログ 素人・プチ芸能人へ にほんブログ村 哲学・思想ブログ ブラックユーモアへ ブログランキング ブログランキング ノンセクション ブログランキング【くつろぐ】

« 大切な夢と下らない日常のお話し。 | トップページ | ■ テレビを消しなさい »

ウォークマン」カテゴリの記事

リアルホラー」カテゴリの記事

哀愁でいと」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

文学」カテゴリの記事

新★虚実日誌」カテゴリの記事

日本人気質」カテゴリの記事

殴られ屋」カテゴリの記事

演劇味」カテゴリの記事

育児」カテゴリの記事

閑話」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1298980/41180288

この記事へのトラックバック一覧です: 人情ドラマ「若旦那の水汲み」:

» 人類特有の客観的現実 [哲学はなぜ間違うのか?]
仲間との間で運動共鳴が起こり、それにより状態変化の予測の共有が起こる。現実世界が [続きを読む]

« 大切な夢と下らない日常のお話し。 | トップページ | ■ テレビを消しなさい »