フォト

大サービス¥

無料ブログはココログ

検索フレーズランキング

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

« 緩やかな絶望 | トップページ | 街なう »

2014.12.12

テイクイット イジメ

◼︎
子供の社会というのは、良くも悪くも大人の社会の真似ごとです。

周囲の人達とお互いに空気を読みあって、一対一ではもめごとを起こさないことなかれ主義で、お互いにストレスを溜めあって、多対一になった時にだけ安全な場所から立場の弱い人を一斉に攻撃してストレスを発散します。大人の場合、より安全な場所にとどまるためにまったく無関係のアカの他人を攻撃の対象とすることも珍しくありません。ちょっとした不祥事を起こしたそれほど強く批判される必要のない芸能人を安全な場所からバッシングし、サッカーや野球の代表チームが負けると監督の采配を安全な場所から批判します。自分よりモテそうな俳優や自分より裕福な起業家が転落してマスコミに小突き回される姿を安全な場所から眺めて喜びます。大人の社会がそうであるかぎり、子供の社会からイジメはなくなりません。

子供の社会を変えるためには、まず大人の社会が変わるしかありません。大人の社会が変わるためには、すべての大人が生き様を改めるしかありません。それができないのであれば、子供のイジメはなくなりません。

現状では残念ながらこういった状況が変わる気配はありません。それどころかインターネットやSNSの普及に伴って「安全な場所から誰かを糾弾して喜びたい人達」の存在感が増しています。

人ごみの中からヤジることを、匿名の掲示板で他人を中傷することを、すでに攻撃されている人を一緒になって攻撃することに罪悪感すら感じていないことを、恥ずべきことで改めるべきことなのだと気づかないかぎり大人の側の生き様は変わりません。反撃できない立場の相手に誰の仕業かわからないやり方でしか攻撃できない、というのがミジメでなさけないことだと理解しないかぎり大人の社会の陰湿さは変わりません。子供の社会の陰湿なイジメは鏡に映った我々大人の姿そのものです。子供のイジメを醜いと思うのなら、まずは自分から変わるべきではないでしょうか。

ボッチは嫌だっ

さあ、 笑わないで!!!

« 緩やかな絶望 | トップページ | 街なう »

お笑え!」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

日本人気質」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

殴られ屋」カテゴリの記事

育児」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1298980/56162333

この記事へのトラックバック一覧です: テイクイット イジメ:

« 緩やかな絶望 | トップページ | 街なう »