フォト

大サービス¥

無料ブログはココログ

検索フレーズランキング

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

« 別れの挨拶 | トップページ | 無事帰国しました »

2016.06.18

■ 気になる石

黒部の渓谷沿いでドラマの撮影してる。

ふと足元に目をやると
とてもまばゆい光を放つ
珍しい色をした石をみつけた。

いつもなら石になど
興味の欠片もないアタクシなれど
この時ばかりは違った

実は先週知人の紹介で
石の鑑定士とやらに会わせていただき、

珍しい石には
何千万もの値がつくという知識を得たばかりで
あったからして、こりゃーいっちょ
診てもらったろかいな、と。

持ってみるとけっこうズシンとくる重さで
これがまた何か長年の勘というか、
価値がありそーな気がしたりなんかしていた

けどやっぱり山を降りる途中
重たすぎるので、案の定Iトウ君の手に渡す

本人はすごく哀しそうな顔で懇願してるように
映ったけれども、そこはほら
いつもの調子で軽く流す

で、明くる朝意気揚揚と
例の石の鑑定士やらの宅に持っていくと

「うぬぬぬぬ。こ、これは~~~~????」

と予想以上の喰い付き様だったもので、
思わずワタクシも

「うぬぬぬぬ。こ、これは~~~~????」

と続いて真似してみる。

「ひょっとしてひょっとするんじゃ!!!!!」

 

「ひょっ!」

どこかできいたようなパターンでしたが
もう時すでに遅し。

思わず、ワタクシは持ってた手を滑らし
石はスルリと床へまっ逆さま

パッカーーーーーーーン

気持のよい音をたてて
石は見事まっぷたつ

するとみるみる鑑定士の顔色が
面白いくらい白くしらけた。

「じゃ、私はこの辺で‥」

え?何何?

そのまま彼はあっさりと
何事もなかったかのように
席を外して奥へと消えてしまった。

あとで違う専門家に
聞いた話では

実はあの石、

割れる前までは、ウン千万の価値があったらしい!

けれども割れるとその価値は一気にがた落ち、
ゴミに等しいという。

なんだか狐につままれたかのような態で
 しばらく茫然としたアタクシでありました。

           チャンチャン♪

« 別れの挨拶 | トップページ | 無事帰国しました »

鑑定」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1298980/32311328

この記事へのトラックバック一覧です: ■ 気になる石:

« 別れの挨拶 | トップページ | 無事帰国しました »