フォト

大サービス¥

無料ブログはココログ

検索フレーズランキング

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

« 酒と掃除と100均と散歩 | トップページ | 無人ディスティニー »

2017.06.16

ハッピーリタイヤメント 楽しく終われ

 ネットとリアルは地続きでないと考える。ネットだけでは地に足がつかない。浮き足立ってる。土がないからだ、ネットには。これは世界の普遍的事実。リアルあってこそのネットであって逆にネットを基準にリアルは成り立たない。これからどれだけネットが発展してもその関係性は逆転しないだろう。

 それを踏まえてみるといかに現代人の多くが「浮き足立っているか」よくわかる。ネットは情報操作の上ではかなり便利な道具だけど、そのいっぽうでネットの魔力に催眠され、ネットの片手間にリアルを生きる人間が増えている。これは便利の不都合といわざるを得ない。無限大の可能性というやつは一方で、それだけ先が見えない絶望を生むことにもつながるのだ。

 ユーザーの精神的成熟さが試されているのだと思う。その手軽さゆえに誰もが軽薄に扱い、一見誤魔化されてはいるけれども、これは一種の「修行」にちがいない。

 何を拾い、何を捨てるか

「持たない生活」「持たない贅沢」「貧乏入門」「断捨離のすすめ」など、バブル高度成長期の真逆を示す本がここ最近静かに売れているそうだ。「農業ブーム」もその影響の現われだろう。戦後復興の時代には考えられなかったことだが、便利なモノをつくりすぎてその道具箱のなかでもがき苦しんでるのが今の日本の風景である。誰もがいらないものを捨てたがってる。けれどもいったいそのどれが必要でどれがいらないものなのか自分でもまったく検討がつかない状態なのだ。

 20世紀は「向かっていく時代」、21世紀は「終わっていく時代」と考える。我々はちょうど世紀の節目を生きた貴重な世代。世紀末という名のとおり、20世紀を終わりに向かう時代と思っていた人は多いだろうが、アタクシの印象としては世紀末の暗さ以上に新世紀に向かう希望というか、世界の国々が一致団結して世紀を突破する明るさに満ちていた感じだ。とにかく楽しかった。世紀末ひとつにしても終わるカタルシスをかみ締めてた。
 当時絶大的な人気を博したマンガ「AKIRA」や、アタクシが記憶するなかでも「朝まで生討論」の番組にシャレじゃないけどオウムの麻原彰晃らが出てて、新興宗教団体が一同に会して議論を交わすという前代未聞の企画があり、とても興奮したのを覚えている。あれはおそらくあの時代だからこそ可能だったのだ。奇妙な話ではあるが我々は終わる希望に満ちてた

 が、いっぽう新世紀を過ぎたあたりから時代の空気は一変してしまう。まさしく無限の可能性=闇の宇宙である。我々は目指すべき時代の方向性を見失った。
 「ひきこもり」の青年やゲームや美少女フィギュアに埋没するオタクを責める人がいる。責めるのはカンタンなのだ。しかし責めるだけで何の解決策も提出しないとあっては無責任すぎるではないか。アタクシはその先を往きたい。答えは『ハッピーリタイヤメント』である。浅田次郎氏の小説にあった。良い言葉である。おそらく小説の内容は定年退職した人間ばかりを扱った、昔でいうところの大橋巨泉っぽい(といっても大橋氏のは完全自慢話だったが)本なのかもしれないが、この言葉は全人類に共通するアンチテーゼとなり得ると確信的に思った。つまりこれまでの社会常識からすると[リタイアするのは悪いことだ][働く体にさらに鞭打つかのようなバリバリ仕事人間が偉い]とする風潮があったが、終わりたい人間は終わればよろしい。ただし終わるのであればそれなりの覚悟をもって悲愴に暮れず、明るく前向きに受容れるべきとの解釈だ。
 ひきこもったり、仕事もせずにゲームに没頭しているとどうしてもコンプレックスから暗い気持になったり、他者に感情的に暴力を振るったりして迷惑をかけてしまう。そうなるのは自分で自分を認められないからだ。降伏できていない。たとえそのリタイヤが自分のせいでなく、身の上に降りかかった不運だとしても、すべてを受容れることでハッピーにリタイヤできる。
 何よりアタクシが哀しいのはこうした愚痴のひとつでさえ受け流せない世間の敷居の高さである。他者の失言や暴言はたしかに不快なものも多いが、いっぽうで聞く側の人間が涼しい顔をしていればそれは何ら問題はないのである。涼しい顔をしていられないのは自分に思い上がりがあるからである。許容できる範囲を上回るから動じてしまう。

 アタクシは終わりたい。人間の終わりを目指す者である。人はそれぞれやりたいことでできることをすればいいと思う。働く必要を感じれば、必要に駆られて働けばいいし、それが嫌ならせめて今の自分にできる精一杯の恩返しをして、とにかく周囲を明るく巻き込むくらいじゃないと互いに気が滅入るいっぽうだろう。
 諦めながら諦めない。つまりこれこそがハッピーリタイヤメントの思想である。ダメでもいい。ダメでもともと。人間など所詮己の価値を信じる生ゴミにすぎない。生きとし生けるものすべてがそのうちいつかは朽果てるのだ。
 少子化問題、介護問題、ひきこもり、いじめ問題‥それらすべては世の絶望に起因する。今の世の中、諦めたもん勝ちである。ハッピーリタイヤメント!明るく終わろう!

参考資料:

にほんブログ村 芸能ブログ 素人・プチ芸能人へ にほんブログ村 哲学・思想ブログ ブラックユーモアへ
ブログランキング
ブログランキング


« 酒と掃除と100均と散歩 | トップページ | 無人ディスティニー »

マインドゲーム」カテゴリの記事

哲と学」カテゴリの記事

日本人気質」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

自我自論」カテゴリの記事

解脱」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1298980/33057314

この記事へのトラックバック一覧です: ハッピーリタイヤメント 楽しく終われ:

« 酒と掃除と100均と散歩 | トップページ | 無人ディスティニー »