フォト

大サービス¥

無料ブログはココログ

検索フレーズランキング

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

書籍・雑誌

2017.06.16

ハッピーリタイヤメント 楽しく終われ

 ネットとリアルは地続きでないと考える。ネットだけでは地に足がつかない。浮き足立ってる。土がないからだ、ネットには。これは世界の普遍的事実。リアルあってこそのネットであって逆にネットを基準にリアルは成り立たない。これからどれだけネットが発展してもその関係性は逆転しないだろう。

 それを踏まえてみるといかに現代人の多くが「浮き足立っているか」よくわかる。ネットは情報操作の上ではかなり便利な道具だけど、そのいっぽうでネットの魔力に催眠され、ネットの片手間にリアルを生きる人間が増えている。これは便利の不都合といわざるを得ない。無限大の可能性というやつは一方で、それだけ先が見えない絶望を生むことにもつながるのだ。

 ユーザーの精神的成熟さが試されているのだと思う。その手軽さゆえに誰もが軽薄に扱い、一見誤魔化されてはいるけれども、これは一種の「修行」にちがいない。

 何を拾い、何を捨てるか

「持たない生活」「持たない贅沢」「貧乏入門」「断捨離のすすめ」など、バブル高度成長期の真逆を示す本がここ最近静かに売れているそうだ。「農業ブーム」もその影響の現われだろう。戦後復興の時代には考えられなかったことだが、便利なモノをつくりすぎてその道具箱のなかでもがき苦しんでるのが今の日本の風景である。誰もがいらないものを捨てたがってる。けれどもいったいそのどれが必要でどれがいらないものなのか自分でもまったく検討がつかない状態なのだ。

 20世紀は「向かっていく時代」、21世紀は「終わっていく時代」と考える。我々はちょうど世紀の節目を生きた貴重な世代。世紀末という名のとおり、20世紀を終わりに向かう時代と思っていた人は多いだろうが、アタクシの印象としては世紀末の暗さ以上に新世紀に向かう希望というか、世界の国々が一致団結して世紀を突破する明るさに満ちていた感じだ。とにかく楽しかった。世紀末ひとつにしても終わるカタルシスをかみ締めてた。
 当時絶大的な人気を博したマンガ「AKIRA」や、アタクシが記憶するなかでも「朝まで生討論」の番組にシャレじゃないけどオウムの麻原彰晃らが出てて、新興宗教団体が一同に会して議論を交わすという前代未聞の企画があり、とても興奮したのを覚えている。あれはおそらくあの時代だからこそ可能だったのだ。奇妙な話ではあるが我々は終わる希望に満ちてた

 が、いっぽう新世紀を過ぎたあたりから時代の空気は一変してしまう。まさしく無限の可能性=闇の宇宙である。我々は目指すべき時代の方向性を見失った。
 「ひきこもり」の青年やゲームや美少女フィギュアに埋没するオタクを責める人がいる。責めるのはカンタンなのだ。しかし責めるだけで何の解決策も提出しないとあっては無責任すぎるではないか。アタクシはその先を往きたい。答えは『ハッピーリタイヤメント』である。浅田次郎氏の小説にあった。良い言葉である。おそらく小説の内容は定年退職した人間ばかりを扱った、昔でいうところの大橋巨泉っぽい(といっても大橋氏のは完全自慢話だったが)本なのかもしれないが、この言葉は全人類に共通するアンチテーゼとなり得ると確信的に思った。つまりこれまでの社会常識からすると[リタイアするのは悪いことだ][働く体にさらに鞭打つかのようなバリバリ仕事人間が偉い]とする風潮があったが、終わりたい人間は終わればよろしい。ただし終わるのであればそれなりの覚悟をもって悲愴に暮れず、明るく前向きに受容れるべきとの解釈だ。
 ひきこもったり、仕事もせずにゲームに没頭しているとどうしてもコンプレックスから暗い気持になったり、他者に感情的に暴力を振るったりして迷惑をかけてしまう。そうなるのは自分で自分を認められないからだ。降伏できていない。たとえそのリタイヤが自分のせいでなく、身の上に降りかかった不運だとしても、すべてを受容れることでハッピーにリタイヤできる。
 何よりアタクシが哀しいのはこうした愚痴のひとつでさえ受け流せない世間の敷居の高さである。他者の失言や暴言はたしかに不快なものも多いが、いっぽうで聞く側の人間が涼しい顔をしていればそれは何ら問題はないのである。涼しい顔をしていられないのは自分に思い上がりがあるからである。許容できる範囲を上回るから動じてしまう。

 アタクシは終わりたい。人間の終わりを目指す者である。人はそれぞれやりたいことでできることをすればいいと思う。働く必要を感じれば、必要に駆られて働けばいいし、それが嫌ならせめて今の自分にできる精一杯の恩返しをして、とにかく周囲を明るく巻き込むくらいじゃないと互いに気が滅入るいっぽうだろう。
 諦めながら諦めない。つまりこれこそがハッピーリタイヤメントの思想である。ダメでもいい。ダメでもともと。人間など所詮己の価値を信じる生ゴミにすぎない。生きとし生けるものすべてがそのうちいつかは朽果てるのだ。
 少子化問題、介護問題、ひきこもり、いじめ問題‥それらすべては世の絶望に起因する。今の世の中、諦めたもん勝ちである。ハッピーリタイヤメント!明るく終わろう!

参考資料:

にほんブログ村 芸能ブログ 素人・プチ芸能人へ にほんブログ村 哲学・思想ブログ ブラックユーモアへ
ブログランキング
ブログランキング


2017.03.25

*ピリ辛ぽやむ #【 あまい愛の唄 】

不幸中の幸い 幸い中の不幸

食べたくないなら食べなくてもいい ぼくが代わりに食べてあげる
栄養はぼくがとっちゃおう

元気がほしい以上に元気なんかなりたくない食べたくないってときはみんなあるもの
食べたくないときはぼくも食べないよ そのときはきみが食べてね
きみもいらないときは そのときは残そう 無理する必要はない ビンボーだからって無理に食べて腹こわして病院担ぎこまれたんじゃ もっとお金いるよ だから食べない 食べるべきじゃない
きみはきみのやりたいことをすればいいのさ ぼくはあまいんだ あまいしあまやかしてるきみが好きなんだ いつでもきみをおもってる ひびけ愛の唄

2016.05.29

人権交代。

Jinkenkoutai

煩い夏

 

定額給付金

にほんブログ村 芸能ブログ 素人・プチ芸能人へ にほんブログ村 哲学・思想ブログ ブラックユーモアへ

ガチャピン テレフォン ショッキング クリア ショット 流出 手直し amazon 嫌がらせ 大手 情報処理 学会 ロック 合意 SIM 母国 コンピューター ばあちゃん 小倉 智昭 理 報 将棋 連盟 春香 茂 ;/&# ━( !( エンジェルビーツ ;→&# 梱 ブーム 今年 女神 転生 レビューハイスコア STRANGE JOURNEY デススマイルズ フェイス 今夏 Killzone Ubisoft Splinter Cell Conviction DRM トラブル Red トレイラー ゲームプレイトレイラー 元 セ )━ ガ ━! ょこたん ワロタ 模様 解像度 RBB TODAY ブロード リサーチ 回答 破壊 Split Second GTA Episodes From Liberty City スクリーン Microsoft コントローラー 類似 Datel 訴訟 SEO 利 長距離 ヘッド Sniper Ghost Warrior 上田 文人 ICO 移植 ワンダ 巨像 THQ Faction 洋 オススメ 名刺 感謝 オールスター 東原 亜希 鶴岡 八幡宮 ぎんなん 神木 倒壊 術 ダイヤモンド 坊 ズブ 濡れ 復活 ハック ハッカー 村 唯 医 師 辞 意 献 身 唯一 医師 辞意 献身 村人 罵声 背景 秋田 上小阿仁 実在 切 Lead off man 関係 先 要素 湯 ペ 切り 不要 焼きそば スープ そば 試食 医療 村民 コート 疑問 Move ナムコ 揺らぎ !」 ロックシューター ゚ アルター 告知 ムービー 放浪 息子 CAST アフレコ リュック 供述 ウインドウ 出し タブブラウザ デジ ドア 売却 応援 アトリエ 志村 貴子 費 MOVIE STAND BY READY それ 硫化 水素 自殺 本質 窓辺 なみ 区 地区 街 新曲 CG 録音 MB ナビ コトブキヤ シー・シェパード 幼稚園

2016.03.31

★★★パワートゥーザピーポ! バカに力を!! ★★★

ナメハメハ お便器ですか 久方ブリブリうんこ 今出たとこ いっぱい食べなさい
射精と冗談は顔だけにして ホンマにもう(ウソ!)
毎年毎年ご無礼サマです
ニッポン全国 つ つ うらうら 春うらら
明日はどこでも四月バカ *

Rihabiribiri9

で? 今年どうすん?やるの?
アタクシないアタマ振り乱して必死に考えもした
時代のながれについてけない 
ものおぼえがわるい ハキハキしゃべれない
テキパキ動けない 関係ギクシャク
叱られっぱなし おいてけぼり
脈がない 会話がない ひとりぼっち
アカンもうダメ ウツなりそう
今年もヤなこといっぱいあった ウンザリするほど!!
どうせ棄てるんでしょ いつか滅びるんでしょ
もうジッとしてなんかいられない
恥を捨てよう 町で出よう
答えはイエス!‼!‼!


さあ バカ見の季節です!!
皆さん おカラダ拝借 パパンがパン
ええじゃないか ええじゃないか
 無人なって踊ろ ♪♪
んなバカなこと
ずっとやりつづけるだなんて
なんて四月バカな人!(ホント!)

2015.05.11

【 しょうがない味 】

たとえばハンドクリームを塗りたくった後で甘夏みかんを剥きたくなったり、脱ぎにくいブーツを履いた後で部屋の窓のカギ全部閉めたか確認したくなる。

そーゆーこだわり短絡的手順ミスは、
自称アーティストなわれわれにとって日常茶飯である。
けれども逐一んな障害気にてたらキリがない。
もともと不器用な人間だからして治療の施し様がないのである。
つまりは飛躍するところ
丁寧な生活と、几帳面すぎる生活は ちがうんじゃないか。
自分が疲れるほど丁寧すぎたら意味がない。
カラダ壊すほどやり過ぎない程度
丁寧な生活心がけませうねお互いに♪

Koregaigaito

2015.05.03

応援してください

Ouen

Syokogun


2015.04.02

パンチョリーナトドロキ 2015 梅田

2014.12.29

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。

Tekito2015

2014.09.03

ビールじゃないよ サイバービア@ [[ 改訂版 ]]

つまり楽しい作品を世に送り出してる人気作家にしても
その作り手本人が作品作りを楽しんでるとは限らないのだ。

生みの苦しみで挫けてしまう人間も多い。

たまにニュースで、明るいイメージで売っており、悩みとは
全く無縁そうなタレントの自殺が報道されたりして、
その意外なギャップに驚かされることがある。

メディアの外から眺める我々は、ただ彼の“頑張り”による
明るさを“買って”楽しんでるだけであり、本当の彼はそうじゃないのだ。

とはいえそれを明るみにされることを彼は望まないだろう。
なぜなら彼は自分の根の部分の暗さが売れるとは決して思ってはいないから。

彼の判断はおよそ正しく、血迷って自分から暴露本や、方向性の転換を
明確に示した本を世に出した場合、ほとんどのタレントが潰される。

なかには同情からますます好きになったといってくれるコアなファンも
根強く残るかもしれないが、その多くは、お前の代わりはいくらでもいるのだ
いう態であっさり他の旬なタレントに乗り換えるはず。

そうなのだ。大衆は嘘でも無理して明るくさわやかに振舞うタレントがみたい。
しかもそれが嘘くさくなければ尚更盛り上がる。信じられるのだ。

最近、おばかタレントがモテ囃される理由も、それじゃないだろうか。

バカだから悩みも忘れて明るく生きられるはず、彼はそんなことじゃ落ち込まない、
私は悪口をいうキタナイ人間だけど、彼はきっと悪口なんか云わないし、
悪口をいってしまう私でもきっと優しく受け止めてくれる。良い人だもの *

信じてくれてありがとう、と ww

と、このように
受け手と送り手の読み方のちがい、楽しみ方のちがいは明らかである。

現代社会には「明るく元気に!」という姿勢が
過度に強調される傾向があって、内向的な人が多少無理を強いられてるという側面があるけど

だが 人にはそれぞれ性格ってもんがある

もし業界のなかが実際にこうしたイメージどおりの人間ばかりだとしたら
かなり偏った、それこそ現実社会とは全く異質の世界ということになる。

でも、そうじゃないし、そうならないからこそ
我々は現実の夢として、彼らの頑張りを買って応援する気にもなるのだろう。

矛盾してるのは
自分で夢を買っておいて、いざ恐いもの見たさの利己的好奇心から
現実を暴きに向い、それで夢を壊されたといって失望するファンの身勝手さである。

じゃあ覗くなよ、調べるなよ、と。  ポストにマヨネーズ

まず十中八九、メディアを利用して売る人間の顔は、本人の素顔と一致しない。
それを知ってて、知りに行くのだから、失望するのは自業自得のはずなのに、

それでいて罪をメディアの向こう側にいるタレントに擦り付けるのだ。
つくづく勝手だなぁと思う。

で、最近は受け手の意識しかなかったはずの我々までもが
素人ながら発信する側の遊びをするようになってしまったので
よけいに混乱をきたしておるよね。

名もなき素人とてメディア上のタレントと同じことでしょう?

だから
受け手と送り手の読み方のちがい、楽しみ方のちがい ね。

同じであるはずないんです 求める結果がちがうんだから。

出す者と、出される者、そしてまた第三者的に
噂的に横やり入れる者や、紹介で知る情報もあります。

またコピペ全盛のネット社会だから
どれがオリジナルなのか、判別がつかなくなるような事態にも陥ってる。

誰が誰に向けて発した情報なのかも判然としないまま
フィードバックを延々と繰り返し、それが無限の情報ループとなる。

そんな
サイバービア (電脳郊外)の網にかかり
ほぼ一日中ネットにかかりっきりの人が増えている。 

つまり世のネット化で、
つねに外部の人間として利用し好き勝手楽しんでいたメディア上の世界が、
我々の生活圏にまで及んでしまった。

それとどう向き合って生きていくのかが、今後の人類の課題なのだと思う。

つながりません 死ぬまでは !!!!

2014.06.22

【ネットには水の深さがある】

あんたさーさっきからひとり休憩多くね?
仕事や勉強がつらいのもわかるけど
やるときはやる ちゃんと集中しなきゃ、ね

はい!

じゃこれ終わったらね。終わってから気合入れなおしてちゃんとやる

って それさっきも言ってたじゃん んもーサイテー

 ・
 ・

つい今しがたそんなことを言われたのを尻目に
後ろめたくもわかっちゃいるけどやめられない音頭が
脳内に鳴りひびくなか 心をにして
「おれが許すんだからおれを許す」とか
わけわかんない理屈こねながらこうしてパソコンにかじりついてる

そんな過酷な状況下のなか
これを書いてるのだからして 読者は心してかかれよ !

 ・
 ・

といった自虐が成り立つのもネットの匿名性ゆえかもしれない
いや、そもそもそれが事実なんだかどうなんだか
そんなことも信憑性がまったくないわけで

となると これはもう冗談と吐き捨てざる得ないのではないかv

なかには至極真っ当な人間がいて
逐一誤謬うそ偽りなく時を刻むかのごとく正確に
書き連ねてるブロガーもいるようだけども

それはまあご苦労さまと慰労するほかなく
それ以上でもそれ以下でもないんですね

その文章がほかのオモシロさをもつならいい
けれどもただマジメに書きました だけでは
誰にも伝わらない あいや読んだ人には正確だから正確に
伝わるんだろうけど 読まないよねわざわざ

マジメは人間の信用性を高める一要素だけども
それを差し置いてさえオモシロければオッケー的な
軽薄さでひた走るネット界隈の住人たちは おそらくスルーする

ギャグならいいんです
それが付け入る隙間のないくらい完璧であればあるほど面白さになる

でもだいたいの人がそれをマジメにやっていて
ほんでいつもどうして読まれないんだろうとか
悲観的なことばかり考えてる

じゃダメなんです
べつに本人がそれでいいってんなら問題ないんでしょうけど
だったら楽しくもないのになぜ書いてるんでしょう

 依存? 癖? 意地? 全部??

まぁアタクシもこれまでいろいろ考えてまいりましたけども
これを読んで 本質はべつにあるような気になったんです

 ・

【一億総ガキ社会】「成熟拒否」という病

すごいセンセーショナルなタイトルなんですけど
アタクシのような反面教師側の視点から読ませていただいて
いい意味での逆転発想というか

あーだからここまでネットは歪んでるんだ って思った

つまり著者の言うとおり
ネットのなかはまるまる『ガキ帝国』(井筒っちゃん元気かなぁ‥)なわけだから

こうしてマジメ側な人間がハミゴと化す

で、マスコミもそうだけど
ある種、軽薄ノリといいましょうか
普段以上に 浮かれたしゃべりで接しないことには
コイツ ノリ悪いな 暗いやつだな とかいわれちゃう

完全 意見は分裂の危機ですよね

若者世代と親の世代によって大きく価値観の相違があるというのは
昔からいわれてる 人間にとっちゃあたりまえのことだけど

ネットが蔓延したいまの時世では
ネットを知る世代、知らない世代とでもっと大きなギャップが生まれてる

人間弱いからどうしても主流に合せようとするんです

でもその主流がいまや軽薄ノリの若者文化メインサブカルがメインカルになっただから
こんな軽々しい 躁の時代に拍車をかけてしまったんでしょう

 ・

これはアタクシが無人をはじめた頃からつねづね言い続けてることなんですが

ネットは本心を晒してるかにみえて じつはもっともっと複雑で煩雑な
仮想的な演じ方をしており

これ深層にみえて まだまだ表層なんだってことがいえると思うんです

「北山修」先生も最後の授業でおっしゃってたけど まさに『うぬぼれ鏡』ですよ

ほんとうに泣くとか笑うとかするまえに、いったん画像処理やテキスト化する際に
うぬぼれフィルターがかかっちゃんですね

で、これは「よし」だとか、あ、これはちょっと醜悪すぎるから「不許可」とか
自分で自分を編集してる

なのでそれを「真」だと信じきっていれば かならず「違和感」が生じる

アタクシ的にはそれすべて「なんちゃって」だから
傷つくことは多いにせよ、それらすべてを寛容して
修行の場として楽しんでるところがある
(それを不謹慎と考える人もいるがアタクシ正義においてそれはノットギルティーだ)

 ・

んー つまり今回の詭弁
いちばん何がいいたいのかってーと

ネットは海みたいなもので、
深海もあれば浅瀬、遠浅もあって
潮が渦巻いてる流れのはやいとこ、
どこまでも凪がつづいてるとっても静かなとこ
いろいろ顔を持つってことかな

マイケル=サンデル教授もいってました
「若者はいま議論の場を必要としている」って

その土台作りのひとつとして
ネット空間も期待と関心を集めているんでしょうけど

それにはまず「仮想」とはどういうものなのか
そこから深めていかねばならんのではないか

『他人の袖みてわが袖なおせ』の諺宜しく
無人のアタクシをみてどう感じるか
何も感じないか、それとも不快に感じるか
だとしたら自分はどうであるか
時流に追従しすぎて足元掬われていないか
あるいは自分は自分らしいと言い切れるか
仮想に押し流されてはいないか

其処の議論を通過せずして
「真っ当」な議論は永久成し得ない

アタクシだけじゃない
何事も疑ってかかるべき

時間がもったいないとかいって
あっさりカンタンに読み捨てないで
もっともっと作者が考えてる以上に
深く濃く疑ってほしいものですよね

そういう驚き返しをアタクシは待ち望んでるのかもしれない

信じる強さも必要
けれどもしかし 疑う強さは
やはり信仰を失ったときにも立ち直れる

この世のすべてへの諦観と覚悟につながる
大切な脳内魂だと痛感するのでした

にほんブログ村 芸能ブログ 素人・プチ芸能人へ にほんブログ村 哲学・思想ブログ ブラックユーモアへ

続きを読む "【ネットには水の深さがある】" »

より以前の記事一覧