フォト

大サービス¥

無料ブログはココログ

検索フレーズランキング

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

経済・政治・国際

2016.06.17

別れの挨拶

アタクシのなかでの別れの挨拶はつねに決まっている




「 お元気で 」




これに尽きる

人はいつでも一期一会
この世の不条理に生かされ死なされ
またいつか逢えるとも逢えぬともわからない

ならばいっそのこと
「お元気で」暮らしてもらいたい

万一亡くなっても
あの世で「お元気で」

さようなら また逢う日まで

 ・

死後は慎みますが

にしても非科学的な幸福の科学さんは
大層お金持ちなんですねぇ*

北朝鮮やヒトラー独裁ドイツ時代のプロパガンダ映画みたいな
趣味映画こしらえて
よく年貢納めてる信者の皆さんに怒られないもんだ@

われわれ日本国民が国にたいして
税金の無駄遣いバッシングしまくるのと大違い

よほど教育が行き届いているんだな きっと
いやたいしたもんです*

アタクシ思うんですが
こうした宗教モノって人類最大のサブカルじゃないですか
人類最期の終末で遺るサブカルのなかでも一番有力な気がする

信じるモノは救われる‥か

震災以降信仰に救済を求める層も拡大してるはず
いやがんばっていただきたいものです*

■ 「神は死んだ」

2016.05.30

善良なるブラック企業のこと

174402485_orgv1414243365

これは日本人特有の美意識によるものだろうが、
善良なるブラック企業の存在は、あまり言及されてないように思う。あるのだ実際。良心に働きかけボランティア感覚で働かせる自己啓発系ベンチャーNPOとかね。残業手当なかったり、定刻より30分も早めて出勤するのが当たり前なってて、定刻通り来たらハミるとゆー苦笑。
皆さん目の色ちがいますもん。自己犠牲こそ最大の美徳とばかり、これでもかこれでもかと馬車馬マゾヒストのごとく自分の尻を鞭打つ。んで互いに自分の尻を突き出し、ヒリヒリ腫れ度を競争しあう。あゝいわんや虚しからずや!
社会に役立つ仕事が、必ずしも儲かるとは限らない。どころか国からの助成金なしじゃ回らない仕事がほとんど。これが善良ブラック企業を生む理不尽極まりない社会の仕組み。
あぶないあぶない。
もーすこしでだまされるとこやった!!

2016.05.29

人権交代。

Jinkenkoutai

煩い夏

 

定額給付金

にほんブログ村 芸能ブログ 素人・プチ芸能人へ にほんブログ村 哲学・思想ブログ ブラックユーモアへ

ガチャピン テレフォン ショッキング クリア ショット 流出 手直し amazon 嫌がらせ 大手 情報処理 学会 ロック 合意 SIM 母国 コンピューター ばあちゃん 小倉 智昭 理 報 将棋 連盟 春香 茂 ;/&# ━( !( エンジェルビーツ ;→&# 梱 ブーム 今年 女神 転生 レビューハイスコア STRANGE JOURNEY デススマイルズ フェイス 今夏 Killzone Ubisoft Splinter Cell Conviction DRM トラブル Red トレイラー ゲームプレイトレイラー 元 セ )━ ガ ━! ょこたん ワロタ 模様 解像度 RBB TODAY ブロード リサーチ 回答 破壊 Split Second GTA Episodes From Liberty City スクリーン Microsoft コントローラー 類似 Datel 訴訟 SEO 利 長距離 ヘッド Sniper Ghost Warrior 上田 文人 ICO 移植 ワンダ 巨像 THQ Faction 洋 オススメ 名刺 感謝 オールスター 東原 亜希 鶴岡 八幡宮 ぎんなん 神木 倒壊 術 ダイヤモンド 坊 ズブ 濡れ 復活 ハック ハッカー 村 唯 医 師 辞 意 献 身 唯一 医師 辞意 献身 村人 罵声 背景 秋田 上小阿仁 実在 切 Lead off man 関係 先 要素 湯 ペ 切り 不要 焼きそば スープ そば 試食 医療 村民 コート 疑問 Move ナムコ 揺らぎ !」 ロックシューター ゚ アルター 告知 ムービー 放浪 息子 CAST アフレコ リュック 供述 ウインドウ 出し タブブラウザ デジ ドア 売却 応援 アトリエ 志村 貴子 費 MOVIE STAND BY READY それ 硫化 水素 自殺 本質 窓辺 なみ 区 地区 街 新曲 CG 録音 MB ナビ コトブキヤ シー・シェパード 幼稚園

2016.03.31

★★★パワートゥーザピーポ! バカに力を!! ★★★

ナメハメハ お便器ですか 久方ブリブリうんこ 今出たとこ いっぱい食べなさい
射精と冗談は顔だけにして ホンマにもう(ウソ!)
毎年毎年ご無礼サマです
ニッポン全国 つ つ うらうら 春うらら
明日はどこでも四月バカ *

Rihabiribiri9

で? 今年どうすん?やるの?
アタクシないアタマ振り乱して必死に考えもした
時代のながれについてけない 
ものおぼえがわるい ハキハキしゃべれない
テキパキ動けない 関係ギクシャク
叱られっぱなし おいてけぼり
脈がない 会話がない ひとりぼっち
アカンもうダメ ウツなりそう
今年もヤなこといっぱいあった ウンザリするほど!!
どうせ棄てるんでしょ いつか滅びるんでしょ
もうジッとしてなんかいられない
恥を捨てよう 町で出よう
答えはイエス!‼!‼!


さあ バカ見の季節です!!
皆さん おカラダ拝借 パパンがパン
ええじゃないか ええじゃないか
 無人なって踊ろ ♪♪
んなバカなこと
ずっとやりつづけるだなんて
なんて四月バカな人!(ホント!)

2015.08.12

反原発

Photo_3

2015.08.09

『夏愚痴』

暑くてヅラが蒸れるヅラ →

                                              

2015.04.02

パンチョリーナトドロキ 2015 梅田

2014.12.29

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。

Tekito2015

2014.09.03

ビールじゃないよ サイバービア@ [[ 改訂版 ]]

つまり楽しい作品を世に送り出してる人気作家にしても
その作り手本人が作品作りを楽しんでるとは限らないのだ。

生みの苦しみで挫けてしまう人間も多い。

たまにニュースで、明るいイメージで売っており、悩みとは
全く無縁そうなタレントの自殺が報道されたりして、
その意外なギャップに驚かされることがある。

メディアの外から眺める我々は、ただ彼の“頑張り”による
明るさを“買って”楽しんでるだけであり、本当の彼はそうじゃないのだ。

とはいえそれを明るみにされることを彼は望まないだろう。
なぜなら彼は自分の根の部分の暗さが売れるとは決して思ってはいないから。

彼の判断はおよそ正しく、血迷って自分から暴露本や、方向性の転換を
明確に示した本を世に出した場合、ほとんどのタレントが潰される。

なかには同情からますます好きになったといってくれるコアなファンも
根強く残るかもしれないが、その多くは、お前の代わりはいくらでもいるのだ
いう態であっさり他の旬なタレントに乗り換えるはず。

そうなのだ。大衆は嘘でも無理して明るくさわやかに振舞うタレントがみたい。
しかもそれが嘘くさくなければ尚更盛り上がる。信じられるのだ。

最近、おばかタレントがモテ囃される理由も、それじゃないだろうか。

バカだから悩みも忘れて明るく生きられるはず、彼はそんなことじゃ落ち込まない、
私は悪口をいうキタナイ人間だけど、彼はきっと悪口なんか云わないし、
悪口をいってしまう私でもきっと優しく受け止めてくれる。良い人だもの *

信じてくれてありがとう、と ww

と、このように
受け手と送り手の読み方のちがい、楽しみ方のちがいは明らかである。

現代社会には「明るく元気に!」という姿勢が
過度に強調される傾向があって、内向的な人が多少無理を強いられてるという側面があるけど

だが 人にはそれぞれ性格ってもんがある

もし業界のなかが実際にこうしたイメージどおりの人間ばかりだとしたら
かなり偏った、それこそ現実社会とは全く異質の世界ということになる。

でも、そうじゃないし、そうならないからこそ
我々は現実の夢として、彼らの頑張りを買って応援する気にもなるのだろう。

矛盾してるのは
自分で夢を買っておいて、いざ恐いもの見たさの利己的好奇心から
現実を暴きに向い、それで夢を壊されたといって失望するファンの身勝手さである。

じゃあ覗くなよ、調べるなよ、と。  ポストにマヨネーズ

まず十中八九、メディアを利用して売る人間の顔は、本人の素顔と一致しない。
それを知ってて、知りに行くのだから、失望するのは自業自得のはずなのに、

それでいて罪をメディアの向こう側にいるタレントに擦り付けるのだ。
つくづく勝手だなぁと思う。

で、最近は受け手の意識しかなかったはずの我々までもが
素人ながら発信する側の遊びをするようになってしまったので
よけいに混乱をきたしておるよね。

名もなき素人とてメディア上のタレントと同じことでしょう?

だから
受け手と送り手の読み方のちがい、楽しみ方のちがい ね。

同じであるはずないんです 求める結果がちがうんだから。

出す者と、出される者、そしてまた第三者的に
噂的に横やり入れる者や、紹介で知る情報もあります。

またコピペ全盛のネット社会だから
どれがオリジナルなのか、判別がつかなくなるような事態にも陥ってる。

誰が誰に向けて発した情報なのかも判然としないまま
フィードバックを延々と繰り返し、それが無限の情報ループとなる。

そんな
サイバービア (電脳郊外)の網にかかり
ほぼ一日中ネットにかかりっきりの人が増えている。 

つまり世のネット化で、
つねに外部の人間として利用し好き勝手楽しんでいたメディア上の世界が、
我々の生活圏にまで及んでしまった。

それとどう向き合って生きていくのかが、今後の人類の課題なのだと思う。

つながりません 死ぬまでは !!!!

2014.07.01

「平成にっぽん総ヤクザ化現象」

時間がテレコになっちゃうのだけど
今日は「ボニクラ」終演後はじめての打ち上げミーティングで
盛り上がった【平成にっぽん総ヤクザ化現象】の話をしましょう

この怪現象はもちろんわれわれの妄想で
どこの学者も評論家もそんなこと言ってないのだけど

でも聞けば納得

ここ最近つくづく身にしみてヤクザ化してる風潮を肌に感じるのです

たとえば

車の運転中、物凄いスピードで追い越してく車がいます
でもべつにあれは本物のヤクザじゃなく
普通に暮らしてるサラリーマンがただイラついてたり急いでるだけ
といったケースも多く見受けられる

たとえば

街の書店に行ってみるとします
本棚にはズラリと「法の穴を突いて楽に金を儲ける手口」や「抜け駆けしてライバルに勝つ方法」、「悪魔の恋愛心理テクニック」などなどヤクザ顔負けのハウツー本が所狭しと並んでる

このネットもそうです
誰一人手を汚さず白いままではいられません

白くありたいと願う善人までもが
悪に勝つためにある程度武装を余儀なくされる
何も知らない、白い人間のままではとうてい勝ち目はない
すぐヤクザ化した何者かに騙されて、ほらもう黒くなった

いまやネットは最新の情報を得るために欠かせないツールとなっているけど
その代償にわれわれは黒く染まることを覚えたにちがいない

ネットは情報を「狩る」もの
主導権はつねに「狩る」ユーザーにあるから
ゆえに「狩られる」弱者は完全に敗者であり、
狩られるくらいなら狩ってやるくらいの気合がなければ
やっていけない【野性の王国】と化している

裸一貫「肉体の門」で生きる 完全 戦後の焼け野原です

つまりここではもうわれわれはヤクザなのです
騙し騙されヤクザとしてやっていくしか生き残る方法はない

もちろんヤクザの世界にも「仁義」はあります
組には忠誠を誓いますし、それなり忠義に熱い

フォロワーやマイミク、つながりなんてのも
ちょっとした組じゃないか
ヤクザながら互いに支えあって生きている

妄想が過ぎますが、まんざら当たらずとも遠からずでしょう?

もう「出会い系」なんて当たり前に使う単語ですけど
これこそ完全にヤクザ化を象徴する出来事です。

最近なんかだとサイバーテロ、アノニマス集団らが
匿名のまま意見交換、
フェイスブックなどでゲリラ的に「暴動」起す場所を書き込んで
集団万引きしたりもする。

と、考えだすと
これは日本だけじゃなく もう世界中に広がりつつある現象ですけどね。

「東北地方太平洋沖地震」の後、
少しは方向性変わったかと思われがちですが、
善と悪の振り幅がより広がってしまった分、
絶望の篩にかけられて落とされてしまったヤクザたちが
またそのうち悪巧みをはじめるんじゃないかと気が気でなりません。

私憤のストレスはしだいに溜まっていくものですからね。

【平成にっぽん総ヤクザ化現象】

できれば喜劇に変えたいところですけど
さて、この先どうなりますことやら。。

続きを読む "「平成にっぽん総ヤクザ化現象」" »

より以前の記事一覧