フォト

大サービス¥

無料ブログはココログ

検索フレーズランキング

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

司会芸

2017.03.26

ナンセンスレトロ ナクテ七クセ

G2017

2016.05.29

人権交代。

Jinkenkoutai

煩い夏

 

定額給付金

にほんブログ村 芸能ブログ 素人・プチ芸能人へ にほんブログ村 哲学・思想ブログ ブラックユーモアへ

ガチャピン テレフォン ショッキング クリア ショット 流出 手直し amazon 嫌がらせ 大手 情報処理 学会 ロック 合意 SIM 母国 コンピューター ばあちゃん 小倉 智昭 理 報 将棋 連盟 春香 茂 ;/&# ━( !( エンジェルビーツ ;→&# 梱 ブーム 今年 女神 転生 レビューハイスコア STRANGE JOURNEY デススマイルズ フェイス 今夏 Killzone Ubisoft Splinter Cell Conviction DRM トラブル Red トレイラー ゲームプレイトレイラー 元 セ )━ ガ ━! ょこたん ワロタ 模様 解像度 RBB TODAY ブロード リサーチ 回答 破壊 Split Second GTA Episodes From Liberty City スクリーン Microsoft コントローラー 類似 Datel 訴訟 SEO 利 長距離 ヘッド Sniper Ghost Warrior 上田 文人 ICO 移植 ワンダ 巨像 THQ Faction 洋 オススメ 名刺 感謝 オールスター 東原 亜希 鶴岡 八幡宮 ぎんなん 神木 倒壊 術 ダイヤモンド 坊 ズブ 濡れ 復活 ハック ハッカー 村 唯 医 師 辞 意 献 身 唯一 医師 辞意 献身 村人 罵声 背景 秋田 上小阿仁 実在 切 Lead off man 関係 先 要素 湯 ペ 切り 不要 焼きそば スープ そば 試食 医療 村民 コート 疑問 Move ナムコ 揺らぎ !」 ロックシューター ゚ アルター 告知 ムービー 放浪 息子 CAST アフレコ リュック 供述 ウインドウ 出し タブブラウザ デジ ドア 売却 応援 アトリエ 志村 貴子 費 MOVIE STAND BY READY それ 硫化 水素 自殺 本質 窓辺 なみ 区 地区 街 新曲 CG 録音 MB ナビ コトブキヤ シー・シェパード 幼稚園

2016.03.31

★★★パワートゥーザピーポ! バカに力を!! ★★★

ナメハメハ お便器ですか 久方ブリブリうんこ 今出たとこ いっぱい食べなさい
射精と冗談は顔だけにして ホンマにもう(ウソ!)
毎年毎年ご無礼サマです
ニッポン全国 つ つ うらうら 春うらら
明日はどこでも四月バカ *

Rihabiribiri9

で? 今年どうすん?やるの?
アタクシないアタマ振り乱して必死に考えもした
時代のながれについてけない 
ものおぼえがわるい ハキハキしゃべれない
テキパキ動けない 関係ギクシャク
叱られっぱなし おいてけぼり
脈がない 会話がない ひとりぼっち
アカンもうダメ ウツなりそう
今年もヤなこといっぱいあった ウンザリするほど!!
どうせ棄てるんでしょ いつか滅びるんでしょ
もうジッとしてなんかいられない
恥を捨てよう 町で出よう
答えはイエス!‼!‼!


さあ バカ見の季節です!!
皆さん おカラダ拝借 パパンがパン
ええじゃないか ええじゃないか
 無人なって踊ろ ♪♪
んなバカなこと
ずっとやりつづけるだなんて
なんて四月バカな人!(ホント!)

2015.08.09

『夏愚痴』

暑くてヅラが蒸れるヅラ →

                                              

2015.06.20

オレの失敗は蜜の味 - 失敗について -

 やれ打つな 蠅が手を擦り足を擦り

ダメでした そうカンタンに蠅を打ち殺せなんだ。

いつもの僕らならいとも容易く蠅を退治してるところなんですが、

仏教にまつわる選書を紐解いたからでしょう。

なんだか妙に慈愛が芽生えてしまって
目を凝らして蠅をじっとみてると憐憫の情が沸いてきて

お前は運がいい 今日の俺は殺生する気分ではないのだ さあ行くがいい

とばかり 誰もいない 直射日光に照らされギンギンに焼けた 六畳一間の部屋の簾の涼みで

アタクシはもごもごと独りごちながら 蠅叩きの柄の部分で蠅を追い払う。

 人間そんなもんス

身に付くには到底及ばない付け焼刃な勉強でも、
ついついその気になって「今日から俺は変わった」
「今までの俺とはもうちがうのだ」
みたく
これまた誰もいないのに天に向かい高らか公明正大に宣言したりなどして

丸三日、悦に浸る。 して三日後またキレイさっぱり忘れてしまう、と。

でもフツーそれ一回だけではまったく諦めがつきませんよね。

だから人は何度も何度も同じ過ちを繰り返し、そしてデッカくなっちまう

成長すると思ってる人いるかもしれませんが、この言い方にはロジックがあるので
あんまり使いたくない。ただノウノウと何も噛締めず生きてるだけでは
人間まったく成長しません。否、カラダは時の経過とともに自然デッカくはなるでしょうが、
頭の記憶は 成長しようとする意識がないことには ずっと止まったままなんです。

そりゃあまったく成長しないだなんて人間の頭をもってすれば
たとえどんなにIQ低かろうが不可能に近いことと思う。

でも成長しようと積極的に頭を働かす人とそうでない人を比較すれば
その差には大きな開きがあるはず。

とにかく動くこと動くこと そして考える
動きを続けるには失敗を恐れぬ気構えがいる。

失敗を恐れぬということは何も省みるなということではない。
逆に恐れぬからこそ何度も何度も省みることが可能なんです。

失敗を恐れぬということは失敗を楽しむということでもある。
失敗を遊ぶのです。

こういうとまた世間様からお叱り喰らいそうですが、
もちろん失敗は苦しいものです。失敗はしょっぱい味だ。
でも「良薬口に苦し」と申しますように、
失敗は人生において欠かせない絶妙なスパイスともいえるわけです。

 ・

作品においての失敗は「駄作」と呼びますね。

神経質、完ぺき主義等でそれを嫌う作家も多いと思うんですが、

美術家 横尾忠則氏がキリコを語る文章で
こんなことをいってました。以下抜粋。

‥キリコは20代で「形而上絵画」を描いた後、古典的な絵画の模写を始めます。まるで画学生のように。以降の作品はみな三流という評価です。
でも、僕はよくサインを入れたなあ、とあきれるような絵が好きなんですよ。完成作に秘密はありません。世間が駄作、失敗作と呼ぶ作品は、作者が隠さないといけない本音を漏らしていて、発掘できるものが多い。 /

つまり藝術においても失敗は、まったく活きないわけではなく
こうしたカルトな楽しみ方をしてくれる人にとっては、
よりミステリアスで良質なエンターテイメントたり得る、
ま、全部がそうとはいえないでしょうが、可能性がゼロとはいえないわけです。
全力で絶望に打ちひしがれる必要はない、と。(太宰風パフォーマンスで売りたい人は別ですケド)

 ・

これもよくある話なんで、ついでに申し付け加えますと
ネット世界においても同じことがいえる。

ネットブームの火は拍車するいっぽうだから、
ネットに夢中なあまり全力でリアルを投入する人がたくさんいますよね。
これはとても危険な行為です。

ネットはリアルとはちがいあくまで仮想なんだから、全力で臨むと必ずどこかで裏切られる。そのギャップが絶望を生むのです。

全力で臨む人たちはそれだけ純粋で素直なコってことだから
非常に酷な話かもしれないんですが、
でもだからこそ そういう繊細なコたちを救済したいと思う。

たとえ失敗しても、繰り返し繰り返し
アタクシはこうして警鐘を打ち鳴らしつづけるのです 反面ギャグで

いま分かり合えなくてもいい。
ただ絶望して自ら死を選ぶくらいなら、
ネットをお切りなさい、と。

仮想空間を抜け出した後、それでもリアルに絶望を感じるようなら
まずアタクシんとこでバカになる勉強してから考えなおしなさい、と。

 ・

では さいごに
「おかしみの中に人生の深淵をのぞかせる」名随筆家 内田百閒の名言を寄せたい。

 知らないという事と忘れた事とは違う。
  忘れるには学問をしなければならない。
  忘れた後に本当の学問の効果が残る。

にほんブログ村 芸能ブログ 素人・プチ芸能人へ にほんブログ村 哲学・思想ブログ ブラックユーモアへ

2015.05.03

ラッキー ☆

わっはっは

 

2015.04.23

がんばれ損気 !!

 不況の寒波吹き荒れるなか 「あるといいな」がない。なのでアタクシはアタクシがアタクシなりに「あるといいな」と思い込んでるバカを常日頃から寝る間を惜しんで好き好んでやっておる。バカにしていただきたい 愛をこめて!

 バカが消えるひとつの要因に本人がバカと気付かされショックを受けて猛省するあまりに 立ち直れなくなる(あ、いや常識的にみればこれを立ち直るともいいます苦笑)ことが挙げられよう。

 

ヒドイ!なんて冷たい人なの!昔はそんなこと言う人じゃなかった!

 自立できずに親の脛下でガリガリ齧りまくって豪遊してたころはバカのひとつおぼえがひとつずつ楽しくて楽しくて仕方がなかった。

 だのに自立を余儀なくされて生活に余裕の「よ」の字もなくなった今時分には こーゆーバカなことしてると大概「そんなくだらないことやるだけ無駄」とかいってけつかる。の割に まだ未練タラタラな態で売れてるサブカル読んだり収集したり、あるいはサブカル延長上にみつけたギャンブル遊びに目覚め、子ども時代にやってたバカ以上に金のかかるバカやりつつ「これはオトナの嗜みってやつだ」などと子どもじみた言い訳したりなどす。

 売れない売り物バカにするやつはけっきょくのとこ まだ売れないことがんばって続けてる人間に対するルサンチマン(負け惜しみ)なのよね。

 売れないサブカル系やってる人どうしの さらに売れない売り物バカにするミミちい小競り合いもまたおなじで 彼らもけっきょくは売れないけど売れたいんだよ。商業主義の仲間入りはしたい。だったら売れる商業的なものを書けばいいじゃんとか思うんだけどそれも譲れないんだな。サブカルやってるプライド的なこだわりあるんでしょうね。ほんと障害っぽい;

 ま、アタクシ的にはどっちでもいーんだけど侮蔑をこめてバカをバカにするのだけはやめてほしいよね。これじゃあ 互いに互いの首を絞めるじゃないけど 世の中がどんどん住みづらくなる。

 大なり小なりみんなバカなのに、さ。あるいはいまバカじゃなくても いずれはみんなバカになる。バカって不思議で他人とくらべてはじめてバカっていわれるんだよね。つまり誰とどう比較するかって話なんだけど キミが老人になってごらん。あるいは病気をするでもいい。「グズ」とか「ノロマ」とか「ボケ」とか言われたらどうよ?はたして弱ったキミは強者からみればバカだろうか?自分はちがうっていうよね。自分だけはちがう。みんなそう思ってる。
でも自分だけ特別扱いにはならないんだよ。やっぱり他人からみればバカです。

 つまり個々人のもつコダワリの価値観をどう捉えるか、だろうね。

 たとえば ほら 大きいことはいいことだ、とばかり 友だち100人マイミク1000人作りたがってる人いるじゃない?あんなんもひとつのコダワリだよね。自閉症の子のもつ障害に近い。出会い系を志してる以上、知らない人たちともお付き合いしてくほかない。なかには自分の知らないあいだに極悪人とつながってるかもしんないよ 怖いね。

 でもそれをバカとはなかなかいいづらい時代になってきてるじゃない?見抜けないやつが悪いバカだ とか言い切るヤクザもまだたくさんいるけど ここまで「情弱」嫌ってスピード重視に情報化社会生き急いでいては 逐一刑事さんみたく個々に調べてなどいられないでしょう

 この事情ひとつとってみても みんなバカなんだってことがよくわかる

 大衆全般がバカになった折、その大衆の一員である者にとってみれば まず自分がバカであることに気づきません。

 いまがその時代であるとは口が裂けるほど声を大にして言い続けますけど それも弱小無人者の力なき箴言にすぎないので、バタフライエフェクト程にも世界は微動たりともしないでしょうな。苦笑

でも「これでいいのだ」  がんばれ損気 !!

アタクシのギンギラ明るい未来は目にみえてる

今後も好きにやりたいようにやるだけであります ☆

Bakaninata_2_2

2015.04.22

迷惑にもマナーを

雨の多い鬱陶しい天気が続きます

こんな時こそ持ち前の「打たれ強さ」を発揮する時

五木寛之氏が鬱の力の大切さを謳っておられますが
それはまさにこうした梅雨時にこそ必要な力だと思う

鬱々とした天気により鬱々と気が沈んでしまうのは
紛れもなく気分のせい

現状に呑まれてはならない! たとえ味方が一人もいなかろうと
気分に打ち勝つのだ! 今の時代は間違ってる 明らかにだ

 ■

さて今日のテーマは「迷惑」である

云っていいこと悪いこと 書いていいことと悪いこと
それはもちろんあるだろう

だがその目に見えない架空の敵ばかりに気を遣って
何も書けないとあっては
はたしてそれが世のため人のために
役立つのだろうかと、考えると とてもじゃないが
取り越し苦労に思えてならない

そりゃもちろん本当に敵に出くわして
当たり触る可能性もなきにしもあらずだけど

そこで折れていては
何も新しいことへ挑戦できぬではないか

とくにネットへの配慮というのは
あまりに漠然としすぎてる気がして

大衆意識に合わせよう合わせようとする動きは
とても見ていて窮屈に思える

ネット上で模範的に良い成績を収めたところで
それが何の得があるというのだ

モラルというルールはいったい誰が何のために決めたものなのだろう

不特定多数、誰にでも見られるのがネットの便利さ不便さであるのは
皆が知ってのとおりだけど

だからこそ我々は万民のために書く必要は全くないと思うのだ

これは子供に悪影響だからやめとこうとか
そんなことで消極的になる必要は全くないということ

フィルタリングだか何だか知らないけれど
それは自分でやれないだけで
やっていただけるものなら大いに歓迎したいところだ

我々だってできることなら気の会う人にだけ見られたいのである たぶん
(詐欺で金を掠め取ろうと企む輩は騙されたモン負けの弱肉強食論だから
 誰でも構わんのだろうけど)

発言はすれども極力あつれきは避けたいというのが本音だろうだから

一番厄介なのは、発言の中身ではなく、
個人の人権そのものを脅かす攻撃を仕掛けるタイプに目をつけられてしまった時だ

それはもう自分の手には負えない

争うことすら徒労だし、ただただ互いに虚しい時間を過ごすばかりだ

恐いね この世で何が一番恐いって冗談が通じない人ほど恐いもんはないよ 
だからウソとかバカで鍛錬する必要がある

え? アタクシ? どこまで本気かだって?

全部冗談に決まってるじゃないか! 

          本気の冗談だよ!!

 ・

迷惑は【結果がすべて】と思う

赤瀬川原平氏の「模型千円札裁判」は美術界では有名な事件だけれども

いうなればあれも世に知られたからの罪なのであって
個人で所有して、シャレ(美術的価値)の解る人間だけで
愉しんでさえいれば何も裁判沙汰まで騒動は拡がらなかったろう

彼はある意味“確信犯”で、騒がれる迷惑がられるのを覚悟したうえで
問題作を世に送りだした そう考えるが妥当だろう

「迷惑を承知のうえでそれでも尚且つ迷惑がしたいやりたい」とゆー
背徳心に負けてしまったとき
(これはネットの世界では誰しも経験する葛藤だから責めはしない
 居直るのは良くないとは思うけども)

これはとても参考になる話である

失言の類は、まず意識的な部分からインモラルだから叱られて後悔するは道理だけども

アタクシは敢えて逆説的に「間違う」という正義の愚行を許容する派の無人なので
こうした社会的責任、罪の意識でつねに痛まなければと思っておる

【迷惑にならない迷惑ははたして迷惑か】という疑念がまず念頭にあるのです

たとえばネット上にはどう考えても違法のサイトが数多く存在する
でも砂漠の砂粒ほど多く散らばったそれらを逐一摘発するのは事実上もはや不可能であり
我々ができる対策としてはいかにそれらと関わりを持たないことか、つまり防衛する以外にない

迷惑.. 迷惑ひとつとってみても小さな迷惑から大きな迷惑
一概に悪いだけとはいえない、他方からすると良い迷惑だって存在するはずだ

以前のラジオでも自分から振っといて答えに窮しておりましたけど
つまりアタクシが云いたかったことはですよ

迷惑になる以前の迷惑予備軍といえる未然のモノが世の中には驚くほど点在してるってことだ

それらがはたして迷惑といえるのだろうか、と

 ・

先ほどもいったように個人で管理するページにアクセスして誹謗中傷する人がいる

あれはもう完全相手の迷惑である 明らかに攻撃だから

でも
自分のページで個人を攻撃するではなく
抽象的な人間や、性格タイプ、そんなこんなでどうこう
叱咤するやり方は、当り触る人が不快なだけで別にこれといって迷惑じゃないと思うし

特権的階級に属する上の人の批判であっても
見られたら迷惑だけど、見られるまでは迷惑じゃないよな、と

批判する表現にもいろんなやり方があるのだ

わざわざ直球投げなくても、隠喩であるとか、あくまでフィクション上の架空の人物と言い張るとか
たしかにそれは言い訳でもあるけど「気遣い」でもあると思うしマシではある

直球も悪くないけど、たまにはカーブやフォークも投げてみる
したらもっとバリエーションに富んだ柔軟な批判ができて読み物としても面白いはずだ

どちらにせよ当事者はあんまり感心しないだろうけど 目をつぶってもらえるくらいの気遣いは示したいものだな、と

 ・

未然の迷惑予備軍的なことをしてる人はアタクシを含め、ほとんどだと思う

なのにバレた捕まったやりすぎた人だけが槍玉に揚げられバッシングされてる風潮はどう考えたっておかしい 
明日は我が身という可能性だって十分考えられるわけだし
やりすぎは捕まって当然だけど、非難できる立場に自分はいないってこと

迷惑は迷惑だけど、迷惑に対する配慮(そういうインモラルなモラル?)ってものがもっと世の中にあっていいと思うのだ

やっぱり

「迷惑にもマナーを」

    これですね これ ¥

2015.04.02

パンチョリーナトドロキ 2015 梅田

より以前の記事一覧